2012年11月28日

官邸から見た原発事故の真実/光文社新書 [558]

2012年1月初版発行。
事故直後の3月29日から5か月余日、内閣官房参与を務めた原子力工学の専門家が、緊急事態において直面した現実と、極限状況で求められた判断を語る書。

【目次】
◎第一部 官邸から見た原発事故の真実

◎第二部 政府が答えるべき「国民の七つの疑問」
第一の疑問 原子力発電所の安全性への疑問
第二の疑問 使用済み燃料の長期保管への疑問
第三の疑問 放射性廃棄物の最終処分への疑問
第四の疑問 核燃料サイクルの実現性への疑問
第五の疑問 環境中放射能の長期的影響への疑問
第六の疑問 社会心理的な影響への疑問
第七の疑問 原子力発電のコストへの疑問

◎第三部 新たなエネルギー社会と参加型民主主義

著者は、1951年生まれで、東京大学工学部原子力工学科卒業後、同大医学部放射線健康管理学教室研究生。その後東京大学大学院工学系研究科原子力工学専門課程修了。核燃料サイクルの環境安全研究の工学博士。民間企業の原子力事業部にて、六ヶ所村核燃料サイクル施設安全審査プロジェクトに参画。米国の国立研究所にて、高レベル放射性廃棄物最終処分プロジェクトに参画。

原子力発電推進サイドで仕事をしてきた人が、2011年の福島原発事故を経験して何を語るのか、とても興味深い。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

2012年10月23日

震える牛

4093863199

震える牛
相場 英雄

2012年2月初版発行。
表題を読んでも、何の話かさっぱり想像できなかったが、読んでいるうちになるほどうまいタイトルだと思った。
話は、継続捜査担当の刑事が、発生から2年が経つ未解決事案の居酒屋強盗殺人事件の捜査を命じられるところかた始まる。初動捜査では犯人を「金目当ての不良外国人」に絞り込んだ事件であるが、継続捜査担当刑事が事件現場周辺の目撃証言を徹底的に洗い直すと、そうではないだろうという方向性が出てきた。
事件の際、居酒屋店員以外に、互いに面識のない獣医師と産廃業者の2人の客が殺されていたのだが、彼らの繋がりを探るにつれて、大型商業施設の地方進出に伴う地元商店街の苦境の問題や加工食品の安全の問題が顕在化していく。
事件推理ものというよりも、その形式で語られる社会問題啓発ものだ。
シャッター街に象徴的な地方都市衰退の問題と、食肉「偽装」事件に表れた食の安全問題を考える。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本との出会い

2012年10月20日

パズル・パレス

404295510X

パズル・パレス 上 (角川文庫)
ダン・ブラウン 熊谷 千寿
4042955118

パズル・パレス 下 (角川文庫)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

「天使と悪魔」(2000年)や「ダ・ヴィンチ・コード」(2003年)の作者ダン・ブラウンの処女作で1998年の作。

アメリカ国家安全保障局のスーパーコンピュータが、元局員に狙われるという話。話は、パスワードを獲得する攻防で、「天使と悪魔」や「ダ・ヴィンチ・コード」のような宗教色がないので、映画化された2作よりもずっとわかり易く今日的。話の内容はほとんどスパイアクション映画的に展開していく。当然のように話は2転3転して後半に進むにつれて話に引き込まれて本から離れられなくなり、読む速度が高速化してしまう。ただし、最後の「推理」にはイライラした。紆余屈折を経て、私が最初に頭に浮かべた答えがそのまま解答だったのには少しガッカリ。まあ、最後の謎解きを読者が先行して推理できるようにして優越感を持たせて喜ばせる手法なのかもしれない。

続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

2012年05月22日

笑う警官 [DVD]

直木賞作家佐々木譲氏が02年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントに書き下ろした道警小説(シリーズの第1作)を原作とする角川春樹映画。

末端警官vs警察組織、腐敗する警察上層部の陰謀に所轄署の刑事たちが挑む顛末。所轄署刑事たちの各人各様の葛藤が面白く見ごたえがある。
終盤の結末がモヤモヤとしてよくわからないのは、次回作へ含みを持たせているのだろうか?

あらすじ

女性警官殺害の容疑で同僚警官が指名手配された。さらに異例の射殺命令までも。
時を同じく、この事件に疑惑を抱いた所轄の警部補・佐伯は信頼する仲間と共に秘密裏に捜査を開始。
捜査が進むにつれ浮かび上がる、警察内部の闇。事件解決までに残された時間はわずか15時間。
警官VS警察組織、一夜限りの攻防戦が幕を明ける―。


posted by shirube's BLOG @seesaa at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画

2012年05月13日

小説「マグマ」、面白かった

"ハゲタカ"ファンドが、買い取った「日本地熱開発」会社の再生をするために奔走する。「ハゲタカ」の作者が描く大型経済情報小説。
原発の陰で見捨てられ続けてきた地熱発電…政治家、研究者、投資家のそれぞれの思惑。
2008年の文庫本化だが、単行本の発行は2006年。したがって話の中に、2011年3月の原発事故の話は当然出てこないが、脱原発が叫ばれる311以後の今この本を読むと、非常に興味深いものがある。


posted by shirube's BLOG @seesaa at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

地図作成の面白さ「地図の科学」

前半は、地図の関する一般知識の復習で退屈だったが、後半は地図を作る作業はどんなものかが語られ、結構興味深かった。国土地理院で地形図作成に携わり、その後地図会社に勤務した著者ならではの話というところだ。古い本にも類書はあると思うが、2010年10月発行の本らしくWEB上の地図に関しても言及されていて、地図に興味のある人にはそれなりの楽しめる1冊かと思う。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

2011年12月03日

WEBサイト翻訳

今は、いろんなポータルサイトでウェブサイト翻訳ができるんだね。
ちょっと試しに、以下の文章で幾つかのサイトで試してみた。

Terrain
Hilly terrain of Krušné hory mountains (Ore Mountains/Erzgebirge) along the Czech/German border, elevation from 550 to 1018 m above sea level. Mixed (coniferous and broad-leaved) forest with various levels of passability, numerous water objects: rivers, streams, lakes and swamps. Some moors are non-passable. Many forest tracks, paths and trails.

エキサイト翻訳 - Excite http://www.excite.co.jp/world/
Google 翻訳 http://translate.google.co.jp/
Yahoo!翻訳 http://honyaku.yahoo.co.jp/
livedoor 翻訳 http://livedoor-translate.naver.jp/

今回はGoogleが一番良かった。次はエキサイト。残り2つはかえってわからなくなる非日本文って感じだった。
まあ、英文が変われば評価も変わるのかもしれないけれど。
posted by shirube's BLOG @seesaa at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | WEB/ブログ/Internet関係

2011年11月30日

福島 原発と人びと (岩波新書)

福島 原発と人びと (岩波新書)
広河 隆一
4004313228

多くの人に是非読んでいただきたいお勧めの本。
発生直後から現地取材を重ねてきた著者が、写真多数を載せて事故直後の福島を克明に報告。あわせて、チェルノブイリ事故から学ぶべきことと、「福島」を対照してみる。
posted by shirube's BLOG @seesaa at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

2011年08月01日

インターセックス

インターセックスが何を意味するのかも知らずに何故か気になって手に取った本だった。460頁の大著だが、スラスラとほとんど一気に読めた(本当は徹夜して一晩で読んでしまいたいところだったが、自重して午前3時に中断し、睡眠休憩が入ったので一気読みではない)。
一応のジャンルは「医学サスペンス」に入るのだろうか。サスペンス仕立てにしなくても読み進めたくなる内容だが、サスペンス仕立てであることで、読むスピードが速まったことも確かだ。


インターセックスとは、男女どちらでもない性器官をもっていることを指す。そんな人々の苦悩を、一人の女医を主人公にして、様々なインターセックス「患者」たちとその家族、医師たちの葛藤を描いている。
「ひとは男女である前に人間だ」と説く主人公が、高度医療の聖地のような病院を舞台に活躍し、医療の錯誤と問題点、そして人間の尊厳を問う。

続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

2011年02月07日

「勝間さん、努力で幸せになれますか」を読んだ

「勝間さん、努力で幸せになれますか」(朝日新聞社)を読んだ。勝間和代と香山リカの対談集である。香山の本は何冊か読んでいるが、勝間の本は読んだことがない。二人のスタンスは対極にあるかに見える。しかし、自分にはその両方があることを痛感する。期待せずに読み始めたが意外と面白かった。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。