2012年05月22日

笑う警官 [DVD]

直木賞作家佐々木譲氏が02年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントに書き下ろした道警小説(シリーズの第1作)を原作とする角川春樹映画。

末端警官vs警察組織、腐敗する警察上層部の陰謀に所轄署の刑事たちが挑む顛末。所轄署刑事たちの各人各様の葛藤が面白く見ごたえがある。
終盤の結末がモヤモヤとしてよくわからないのは、次回作へ含みを持たせているのだろうか?

あらすじ

女性警官殺害の容疑で同僚警官が指名手配された。さらに異例の射殺命令までも。
時を同じく、この事件に疑惑を抱いた所轄の警部補・佐伯は信頼する仲間と共に秘密裏に捜査を開始。
捜査が進むにつれ浮かび上がる、警察内部の闇。事件解決までに残された時間はわずか15時間。
警官VS警察組織、一夜限りの攻防戦が幕を明ける―。


posted by shirube's BLOG @seesaa at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画

2012年05月13日

小説「マグマ」、面白かった

"ハゲタカ"ファンドが、買い取った「日本地熱開発」会社の再生をするために奔走する。「ハゲタカ」の作者が描く大型経済情報小説。
原発の陰で見捨てられ続けてきた地熱発電…政治家、研究者、投資家のそれぞれの思惑。
2008年の文庫本化だが、単行本の発行は2006年。したがって話の中に、2011年3月の原発事故の話は当然出てこないが、脱原発が叫ばれる311以後の今この本を読むと、非常に興味深いものがある。


posted by shirube's BLOG @seesaa at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い

地図作成の面白さ「地図の科学」

前半は、地図の関する一般知識の復習で退屈だったが、後半は地図を作る作業はどんなものかが語られ、結構興味深かった。国土地理院で地形図作成に携わり、その後地図会社に勤務した著者ならではの話というところだ。古い本にも類書はあると思うが、2010年10月発行の本らしくWEB上の地図に関しても言及されていて、地図に興味のある人にはそれなりの楽しめる1冊かと思う。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。