2012年05月22日

笑う警官 [DVD]

直木賞作家佐々木譲氏が02年に実際に起こった北海道警察による組織ぐるみの汚職事件をヒントに書き下ろした道警小説(シリーズの第1作)を原作とする角川春樹映画。

末端警官vs警察組織、腐敗する警察上層部の陰謀に所轄署の刑事たちが挑む顛末。所轄署刑事たちの各人各様の葛藤が面白く見ごたえがある。
終盤の結末がモヤモヤとしてよくわからないのは、次回作へ含みを持たせているのだろうか?

あらすじ

女性警官殺害の容疑で同僚警官が指名手配された。さらに異例の射殺命令までも。
時を同じく、この事件に疑惑を抱いた所轄の警部補・佐伯は信頼する仲間と共に秘密裏に捜査を開始。
捜査が進むにつれ浮かび上がる、警察内部の闇。事件解決までに残された時間はわずか15時間。
警官VS警察組織、一夜限りの攻防戦が幕を明ける―。


posted by shirube's BLOG @seesaa at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | TV・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。