2012年11月28日

官邸から見た原発事故の真実/光文社新書 [558]

2012年1月初版発行。
事故直後の3月29日から5か月余日、内閣官房参与を務めた原子力工学の専門家が、緊急事態において直面した現実と、極限状況で求められた判断を語る書。

【目次】
◎第一部 官邸から見た原発事故の真実

◎第二部 政府が答えるべき「国民の七つの疑問」
第一の疑問 原子力発電所の安全性への疑問
第二の疑問 使用済み燃料の長期保管への疑問
第三の疑問 放射性廃棄物の最終処分への疑問
第四の疑問 核燃料サイクルの実現性への疑問
第五の疑問 環境中放射能の長期的影響への疑問
第六の疑問 社会心理的な影響への疑問
第七の疑問 原子力発電のコストへの疑問

◎第三部 新たなエネルギー社会と参加型民主主義

著者は、1951年生まれで、東京大学工学部原子力工学科卒業後、同大医学部放射線健康管理学教室研究生。その後東京大学大学院工学系研究科原子力工学専門課程修了。核燃料サイクルの環境安全研究の工学博士。民間企業の原子力事業部にて、六ヶ所村核燃料サイクル施設安全審査プロジェクトに参画。米国の国立研究所にて、高レベル放射性廃棄物最終処分プロジェクトに参画。

原子力発電推進サイドで仕事をしてきた人が、2011年の福島原発事故を経験して何を語るのか、とても興味深い。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本との出会い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。