2007年06月21日

明日は夏至

夏至(げし)は、学校では、(北半球では)昼の長さが一年中で一番長い日と習った気がする。暦的には、二十四節気の1つで、太陽黄経が90度の時ということらしい。

夏至は、太陽が天球上で最も北に位置する日で、北半球ではこの日に太陽の南中高度が最も高くなる。

東京(北緯35度)では、夏至の日の太陽の南中高度は78度だそうで、確かに今日の昼頃の自分の影はとっても短くて、太陽が真上から照りつけているなあと実感した。
夏至の頃は、日本のほとんどでは通常は梅雨の真っ只中ということで、あまり太陽の高さを感じないかもしれないが、今年は少なくとも関東地方では、誰もが「太陽が高い」ことを実感できたのじゃないだろうか。

続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2007年03月16日

東京で初雪?!

朝日・日経・読売などのニュースサイトに「東京で初雪」というニュースが載っている。

今朝、"東京都心"で今季初めての雪が観測されたのだそうだ。
我が家も23区内なのだが、今朝は雪なんて見なかったぞ!
それに、降雪はもうずっと前に見たぞ!
なんか変な感じ....。
新宿・渋谷界隈にいる人は大抵、私のようにこう思うんじゃないだろうか。

まあ、気象庁用語では、「東京都心」というのは、大手町の気象庁での観測によるもののことらしいから、それはそれでいいのかもしれないけれど、なんとなく変な気分だ.......。

東京・大手町では、午前7時から約5分間、みぞれが降ったのだそうだ。それで"初雪"。
1876年(明治9年)の観測開始以来、これまでの都心での初雪の最も遅かったのは1960年2月10日ということだったそうだ。このまま初雪も無しで"桜開花"と思っていたが、なんとか開花前に"初雪"が降った!

でも、「気象学的には、日本の冬は12月から翌年2月までなので初雪は冬に間に合わず、統計上、都心は観測記録が残る1876(明治九)年以降、初の「雪のない冬」となった」のだそうだ。
こんな記事を読むと、東京都庁があるのは新宿なのに、新宿は「都心」じゃないのかあ?なんて思ってしまう。だから、下に並べたニュースタイトル、微妙に変な気持ちだ。

■東京で初雪 観測史上、最も遅く(asahi.com - 03月16日 07:49)
http://www.asahi.com/national/update/0316/TKY200703160009.html?ref=rss

■東京都心でやっと初雪、過去最も遅い記録更新(NIKKEI NET - 03月16日 08:01)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070316STXKF001516032007.html

■東京都心で初雪、観測史上最も遅い記録を更新(読売新聞 - 03月16日 09:25)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070316it02.htm
posted by shirube's BLOG @seesaa at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年07月12日

太陽光発電って、ホントに「クリーン」なのかな?

今夜、番組の途中から見たTVで、太陽光発電の話題が出ていた。太陽光を効率よく集めて発電すると、火力発電所と同等の電力が供給できるというのだ。

確かに、原子力発電のように放射性物質を排出したりはしない。火力発電のように二酸化炭素の問題もない。

でも、私は大規模な太陽光発電を行うと、原子力発電や火力発電よりも大きな問題を地球に作り出すのじゃないかって心配でならない。

大規模な太陽光発電は、大規模な日蔭を作るはず。大規模な日蔭は大きな気温低下を招くはずだ。日本の夏と冬の差や、ビル影地域と日向地域の差よりもずっと大きな気温低下があるはずだ。それはかつてないほどの氷河期の到来を意味しないだろうか?

大規模な日蔭は、気温低下以外の影響も生むはずだ。

太陽光発電を推進している人たちって、このような気象・自然への影響をどのくらい考えているのだろうか?続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年04月30日

1週間後の子カルガモ

カルガモの雛が随分大きくなった。赤ちゃんから幼児に成長した感じだ。
1週間前の親カモと一緒の写真と見比べるとハッキリ分かる。

Cimg0959.jpgCimg0958.jpgCimg0962.jpg


posted by shirube's BLOG @seesaa at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年04月23日

カルガモの親子

北沢川+烏山川緑道を走っていると、ある個所だけ人だかりが凄い。
訳はわかっていたので、今日はカメラを持って出かけた。

Cimg0917.jpgCimg0919.jpgCimg0929.jpg

カルガモの親子。往路では、雛カモがくっついて眠っていた(4枚目の写真:中央の花群の左下)が、復路では元気に泳いでいた。

歩いている時の赤ちゃんカモCimg0882.jpgは見事な保護色で、カメラを通すとどこにいるのか見分け難い。

同じ時に撮った白鷺の写真は、shirube's running diary III「白鷺のいる風景」でどうぞ。


続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | 気象・季節

2006年04月06日

緑道の草花

北沢川・烏山川の緑道を走った。Cimg0851.jpgCimg0866.jpgCimg0868.jpgCimg0869.jpgCimg0870.jpgCimg0871.jpgCimg0872.jpg道端の花々をカメラに収めた。
posted by shirube's BLOG @seesaa at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年03月31日

桜満開、でもまだ寒い

今日は綺麗に晴れ渡り、日射が暖かだった。桜並木の桜が、青空に映えている。

昨日も午前中は好天だったが、午後は曇ってしまった。今日は夕方近くなっても晴れていたので、日向ぼっこのつもりで、屋上にシートを敷いて寝転んで読書してみた。意外と風があり寒かった。これじゃあ、花見も寒いだろうなって思った。もっと日の高いときなら暖かいのかな?
posted by shirube's BLOG @seesaa at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年03月21日

緑道に春到来

北沢川・烏山川の緑道を走った。場所により桜が咲いていた。桜以外の花を含め、しばらくは目を安らがせてくれそうだ。Cimg0840.jpgCimg0829.jpgCimg0830.jpgCimg0833.jpgCimg0834.jpgCimg0835.jpgCimg0836.jpgCimg0839.jpg


posted by shirube's BLOG @seesaa at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 気象・季節

2006年02月07日

光の恵み

今日は、天気予報では曇り後晴れだったのに、朝というより午前中はずっと小雨。
このまま午後も降り続くのかと思っていたが、正午を少し過ぎた時、窓から陽光が差し込んだ。

見上げてみたら、嵩のかかった月のように、小さな白い太陽が薄い雲を通して光っていた。
小さな円を形作っていた。
数秒後、光はさらに強くなり、小さな円は放射状に拡大し、もう円には見えずまぶしくて大きな光の塊になっていた。

しかし、そのさらに数秒後、再び雲は厚くなり、どこに太陽があるのかわからなくなった。
再び重苦しい鉛空。

それにしても一条の光が差した時の暖かだったこと!
posted by shirube's BLOG @seesaa at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2006年01月21日

雪の梅ヶ丘

Cimg0097.jpgCimg0102.jpgCimg0103.jpgCimg0104.jpg


雪の中を走って、北沢川と羽根木公園に行ってきた。羽根木公園の梅林が、雪景色になってかなりいい感じだ。公園を走っていたのは、若い外国人1人だけ。思わずお互い腕を上げて挨拶をした。

posted by shirube's BLOG @seesaa at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気象・季節

2005年09月05日

ハリケーンの名前

09月05日「大雨の翌朝」のエントリーに対してのトラックバックにこんなことが書かれていた。

個人的な意見だけどアメリカは笑える事をやるよね。
こないだのハリケーンだっけ?
あれだけの大被害を出しておいて名前は『カトリーナ』だぜ?
まるで女性の名前だよね!!
ユーモアなのかどうなのか結構微妙だよね(苦笑)性別までわかるのか?
って言うかハリケーンに性別はあるのか
?(・_・?)
"http://blog.livedoor.jp/shinsaku1975/archives/30994722.html"
それで、
ハリケーンの名前ですが、日本で台風に台風1号、台風2号ってつけるように、
あちらでは、ハリケーンにA・・・・・、B・・・・・、C・・・・っていうように、順にA、B、Cで
始まる女性の名前を付けるようです。したがって、Hurricane Katrina は、
ハリケーン11号みたいなものです。
とコメントしたのだが、今調べてみたら、どうもそう単純ではないらしい。

続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | 気象・季節

大雨の翌朝

昨夜の雨は、中野・杉並が殊のほか酷かったようだ。
ここ世田谷も1時間に降水量が100ミリを超える大雨だった。
1時間に100ミリを超す雨というのはあんなに凄い雨なんだと実感した。
窓の外を見たら、道路が水浸しで「川」と化していて驚いた。
続きを読む
posted by shirube's BLOG @seesaa at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(3) | 気象・季節
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。